まずは安いものから試す|チョコレート菓子で甘いひとときを~ワインとともに通販で買おう~|Delicious-TIME

Delicious-TIME

通販サイトの評価から選ぶのが運命のワインと出会うコツ

まずは安いものから試す

アルコール

飲みやすいワインの特徴

ワインはあまり得意ではないという人にとって飲みやすいワインは基本的には白ワインです。赤ワインに独特の渋味や酸味が苦手という人は白ワインの方が飲みやすいと感じます。もっと飲みやすいという意味ではスパークリングワインも適しているものであり、喉越しも爽やかで炭酸の刺激があるので苦手な部分を包み込んで感じにくくしてくれます。また、あまり熟成を進めていないものの方がさっぱりとした味と風味になっていて飲みやすいのが一般的です。

美味しいワインを選ぶポイント

高級なワインの方が美味しいという考え方は半分正解であり半分誤りです。高い価格にしても喜んで買う人が多いほど美味しく仕上がっている可能性が高いという意味では合っていますが、個人によって違う味覚や飲むシーンに合っているとは限らないという点で高級さで選ぶのはリスクがあります。ワインには酸味や渋味、甘口辛口の表記が行われることが多くなっているので、それを参考にして自分の好みに合っているものを選ぶのがポイントです。ボトルに書いていなくても通販であればサイトの運営者が独自に記載している場合もあります。また、合わせる料理によって変えるのも重要なポイントです。肉料理には赤、魚料理には白といった基本に従うだけでも美味しさが倍増します。

ワインの価格と相場

ワインの価格はピンからキリまであります。安いものは数百円で購入できますが、大抵のものは1000円から5000円程度の枠内に入っているので相場と考えることが可能です。これよりも高級なワインも多数あり、熟成させた年代物のワインになると数万円で取引されていることも珍しくありません。テーブルワインとして適しているのは1000円から2000円程度のものであり、この価格帯のものを選んでおくと大きな失敗はないとされています。

届いた後は保管状態を良くしておくこと

ワインは通販を利用すると多数のラインナップから選ぶことができるメリットがあります。価格や味の評価からこれだというものを見つけて注文して届いたら、飲むまでの間は適切な状態で保管しておくことが大切です。ワインは生き物であり、ちょっとした保管状態の違いによって味も風味も変化してしまいます。ワインセラーがあればそれに越したことはありませんが、湿度が65〜80%で室温が15度前後、光が当たらなくて振動が伝わらない場所が理想です。床下倉庫は比較的優れている保管場所になるものの、夏場は暑くなりやすいので野菜室でやや涼しい程度の環境に置いておいた方が味落ちしません。新聞紙で包んで遮光を行って保存するのも重要です。

広告募集中